ちょっとしたデータを送るなら、メール添付によるデータ転送も意外に便利!

データ転送の中でも比較的簡単なメール添付

パソコンなどのデジタル機器で作成したデータを転送したい場合、FTP等のファイル転送プロトコルを利用する方法もありますが、サイズの小さいデータファイルなどであれば、メール添付によってデータを転送するのも良い方法ですよ。FTP等を使う必要もありませんし、メールの添付ボタン等を押して、転送したいファイルやデータをファイルエクスプローラーなどで選ぶだけで簡単に出来ます。また、通常のメールソフトで出来るので使い勝手もバッチリです。

メール添付で送れるファイル容量

またメール添付ではどの程度の容量を送ることが出来るかというと、ソフトや仕様により異なる部分もありますが、現在の一般的に使われているソフトなら数メガバイト程度の容量ならば楽々送信することが出来ます。流石に動画等の重たいファイルは添付ファイルとして送信するのは難しくエラーが出る場合もありますが、写真や表計算ソフトやワードソフト等のちょっとしたビジネスファイルならば大抵は問題なく送れます。メール添付ファイルとして送信するときに、データやファイルを圧縮すればよりスムーズな送信が可能になるでしょう。

メール添付ファイルの転送や受け取り時の注意点

ちなみに、便利なメール添付ですが、それがファイル転送の手段として完璧というわけではないので注意しましょう。例えば、余りにも重たいファイルを相手に送ると、相手がその受信をするのに大量のパケットを使ってしまう恐れもあります。データ定額制ではない携帯電話やスマートフォンを使っている方の場合は、そのデータのダウンロードをするだけでパケット通信料を浪費してしまうのです。なので送る時にはその点の配慮は必要になります。また、受け取るときについては、ウィルスにも注意が必要ですので、ウィルスチェックは欠かさないようにしていきましょう。

大容量ファイルの保管状況を考えて、特にパソコンなどのデータをしっかりと安全に保管出来る所なども重要となります。