目指せ脱サラ!一番の近道は代理店ビジネス?

そもそも代理店って何?直営店との違い

代理店というのは簡単にいうと、「商品を代理で販売する店舗」のことです。例えばパンを製造・販売している店があるとして、そのお店が自分たちでパンを販売している場合は「直営店」と呼ばれます。しかし別のお店、コンビニなどでそのパンを仕入れて販売する場合はそのコンビニは「代理店」ということになります。代理店側のメリットとしては、自分たちで製品を製造・開発しなくてもいい点です。販売や営業のみに専念できるので、余計なコスト(商品開発費用など)をおさえることができるわけです。

起業を考えるなら「代理店」からがやりやすい

脱サラして自分で起業したい!と考えている人にとって一番やりやすいのが「代理店」ではないでしょうか。会社を一から作るとなると相当な労力です。商品を製造するので精一杯、販売する費用なんて残ってない!なんて事にもなりかねません。しかし代理店なら、商品の開発コストがかからないので起業の為の費用をかなり安くすることができます。販売のノウハウなど、製造側からアドバイスをもらえるケースもあります。大手企業の代理店ならば、そのメーカーの知名度を利用して集客することもできるでしょう。代理店から始める起業には様々なメリットがあるのです。

自由さが魅力の代理店業!フランチャイズとの違いは

代理店の魅力のひとつに、「営業・販売の自由さ」があります。代理店と近い存在である「フランチャイズ店」とどう違うのでしょうか?フランチャイズは、製造側のメーカーから細かいルールが決められています。(販売方法や営業方針など)それに比べて代理店ならルールがほとんどないので、自分の思い描く営業スタイルが作りやすいのです。もちろん工夫次第で利益を伸ばすことも可能ですが、その逆もありえます。それをやりがいと感じることができれば、代理店業に向いているかもしれませんね。

例えば、物を売る場合、売りたい人がいて、店を開いて売ります。その人の代わりに売ってくれる店が代理店です。その代理店を求めて集めるのが、「代理店の募集」です