トイレが詰まった時にまず試してみる解消方法

お湯と重曹を使って詰りを溶かす

トイレに便やトイレットペーパーが詰まってしまった場合に試したいのがこの方法です。お湯で詰りを柔らかくし、重曹で柔らかくなった詰りを溶かして流します。二重の効果で詰り解消を期待できます。この方法の注意点としては、お湯は熱湯を使わないようにしましょう。熱湯を使用すると便器を破損してしまう可能性があります。また、この方法はあくまで便や紙詰りの場合に行う方法のため、子供のおもちゃやライターなどの場合には効果はありません。

バケツから水を一気に流し入れる

重曹がない場合に簡単に出来る方法がこの方法です。こちらの方法も紙詰りや便の詰りの場合に使用できる方法で、バケツに水を入れ、入れた水を勢いよく便器に流し入れ、水の勢いで詰りを流し入れてしまう方法です。この方法のメリットはバケツさえあれば簡単に行える点ですが、やはり詰りが酷い場合には上手く流し込むことが出来ないこともあります。バケツから水を流し入れる際には、少し高い位置から勢いを付けて流しましょう。流し込めなくても水の勢いで詰りが浮いてきます。

最後は定番のラバーカップ

上記の方法でも詰りが解消できない場合には、ラバーカップを使用しましょう。バケツに水を入れ、バケツの水を便器に流したら真空状態になるように水平にラバーカップを当ててすぽんと引き抜きましょう。数回から数十回程で詰りが逆流し、詰りを解消することが出来ます。また、お湯や重曹を組み合わせて行うことでより詰りを取れやすくします。ラバーカップはトイレ詰りの必需品とも言えるため、いざと言うときのためにあると便利です。また、ラバーカップでも解消できない場合や、おもちゃなどの固形物の詰りの場合には専門の業者に依頼するのが得策です。

水漏れとは、おもに水回りの水道管に亀裂が入ったり、水道管が破裂したりして、水道管の外部に水が漏れてしまう状態のことをいいます。